CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
月極音楽 『ぼくのおじさん』(2013年7月の展示より)

Caymmi Visita Tom / Antonio Carlos Jobim & Dorival Caymmi

曲よし歌よし演奏よし。それに録音よし。あまり言われないけれど、これはとても大切なこと。よい録音は、その場所の空気を運んできてくれます。ほこりっぽいのか澄んでいるのか。緊迫しているのかなごやかなのか。森の中なのか海の近くなのか。いや、そこまではわからないか。でも、自由に思いをめぐらす余地があるということ、その余地を残してくれたカイミおじさんの懐の深さに、今日もまた感謝する。

百葉箱 湯田

| 一日一葉 | 00:00 | comments(0) | - |
月極音楽 『ぼくのおじさん』(2013年7月の展示より)

It May Sound Silly / Gladstone Anderson & Mudies All Stars

ジャメイカ産のゆったりしたリズムにのる、多幸感あふれるピアノのメロディ。1曲目が流れるたびに、昭和のいちばん幸福だった時代のお茶の間の光景がひろがる。そしてきっと、日曜日の7時ぐらいの気分になるのです。それは、楽しい時には限りがあることに気が付く時刻。楽しいけれど哀しいから、目に涙をためて踊ろう。次のの日曜日を思いながら。

百葉箱 湯田

| 一日一葉 | 00:00 | comments(0) | - |
月極音楽 『ぼくのおじさん』(2013年7月の展示より)

Verde Que Te Quero Rosa / Cartola

サンバときくと、つい浅草やマルシアを思い浮かべてしまう人も、粋でいなせなカルトゥーラおじさんの歌をあびてみてください。サングラスをはずせばそのまま高座にあがり、「芝浜」でもやりそうな貫禄。お茶のかわりにエスプレッソをすする、ブラジルの三代目桂三木助。リオの粋と江戸の粋は通じる。サンバ〜浅草の連想は間違っていなかった!

百葉箱 湯田

| 一日一葉 | 00:00 | comments(0) | - |
| 1/15PAGES | >>